top of page
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • TikTok
KEIアドバンス
KEI Higher Education Review

罹災した全受験が一律で「追試験」受験可能に 大学入試センターが特例措置を発表(申請期限は1月14日)




1月13日・14日に本試験が実施される「大学入学共通テスト」を主管する大学入試センターは9日、1月1日に起きた能登半島地震の被災者等に対する特例措置を発表し、石川県内に受験会場が指定されてた罹災した志願者全員に対し、1月27日・28日の「追試験」の受験を可能とした。なお、罹災証明書や医師の診断書等の証明書類の提出は不要となっている。


また、近県の受験生であっても、被災して受験困難となった場合は、追試験が受けられ、その場合も罹災証明書は不要だ。


上記の場合の追試験の試験会場は、石川県に本試験場を指定された受験生は「金沢大学角間キャンパス」、新潟県に本試験場を指定された受験生は「東京外国語大学」、富山県・福井県に本試験場を指定された受験生は「京都工芸繊維大学」で受験することになる。また、指定された試験会場での受験が困難な場合は、申請時の申し出により会場を変更できる。


追試験の申請は14日までとなるが、申し込みに間に合わない場合は、大学入試センター志願者専用電話(大学入試センター事業第1課:03-3465-8600、9:30~17:00)で相談を受け付けている。


なお、今回の措置は地震による罹災によるものを対象にしており、それ以外の理由で追試験の受験を申請する場合は、証明書類の提出が必要となる。また、虚偽の申請を行った場合は、追試験の受験申請の許可が取り消される場合もある。

閲覧数:43回

Comentarios


​教育情報ニュース

bottom of page