top of page
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • TikTok
KEIアドバンス
KEI Higher Education Review

東京大学 文理融合型の新課程創設へ

東京大学は、2027年秋に文理融合型の新課程を創設する方針を固めた。名称は「カレッジ・オブ・デザイン」で、学部4年間と大学院修士1年間の5年制の教育課程となる。



定員は1学年100人程度で、その半数を留学生とする方針。授業はすべて英語でおこない、生物多様性や気候変動など、解決が難しい地球規模の課題に向き合う人材を育てる

カリキュラムは学生自身がテーマを選定し、さまざまな分野を文理問わず横断的に学べるようにするとしている。新課程の学生は必要に応じて既存学部や大学院の授業も受講できる他、同様に既存学部の学生が新課程の授業を受けることも可能。

また、5年間のうち1年間は、留学や企業でのインターンシップなど、学外での学びを課すことを検討している。


教員は国内外から招へいする他、一部は既存学部と兼任する。


秋入学での募集とし、多様性に配慮したうえで従来の入試とは異なる選抜方法を検討。2024年度中に入試の概要を決定し、公表する予定としている。

閲覧数:35回

Comments


​教育情報ニュース

bottom of page