top of page
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • TikTok
KEIアドバンス
KEI Higher Education Review

フェリス女学院大学次期学長に初の女性学長 小檜山ルイ 東京女子大学教授

学外からの選出としても初  2024年4月から


次期フェリス女学院大学学長 小檜山ルイ教授
小檜山ルイ教授

10月26日、フェリス女学院大学の次期学長に、小檜山ルイ(こひやま・るい)氏が選出された。同学では、初の女性学長になる。現学長の荒井真教授の任期満了に伴う選出で、任期は2024年4月1日から2028年3月31日までの4年間となる。


小檜山氏は、フェリス女学院中学・高等学校出身で、国際基督教大学に進学。ミネソタ大学で修士号、国際基督教大学で博士号を取得し、現在は東京女子大学・現代教養学部の教授を務める。学外からの学長就任、また、同学院中高出身者が学長に選任されるのは、大学開学以来初めてとなる。


プレスリリース:



閲覧数:160回

Comments


​教育情報ニュース

bottom of page