top of page
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • TikTok
KEIアドバンス
KEI Higher Education Review

TOEIC S&W 2022年国別平均スコア、アンケート結果を公表

2023年7月25日、日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、2022年1月~12月のTOEIC Speaking & Writing Tests 受験者スコアおよび受験者が回答したアンケート結果を公表した。

日本の平均スコアは、Speakingが113点、Writingが132点(最高スコア200点)。





平均スコアが最も高かったのは、Speaking168点とWriting177点で共にイスラエル。Speakingではドイツ160点、フィリピン158点、アルゼンチン154点と続き、Writingではフィリピン172点、ドイツ168点、アルゼンチン167点と続く。

日本の平均スコアは、Speakingが113点で22位、Writingが132点で21位だった。



今回IIBCが公表した報告書は、2022年に世界において全受験者が回答したTOEIC S&Wのバックグラウンドアンケート結果に基づくのもの。


アンケート結果からわかる受験者の特徴として、Speakingの受験者の専攻科目で最大の割合を占めたのが「工学」40%、ついで「教養学」18%、「経営学」13%だった。就業状況では「フルタイム勤務者」46%が最多、ついで「全日制学生」33%、日本は62%が「フルタイム勤務者」だった。受験目的は「就職活動のため」48%が最多、ついで「昇進・昇格のため」22%となった。

Writingの受験者の専攻科目は「教養学」34%が最多、ついで「経営学」17%、Speakingで最多の「工学」は13%だった。就業状況では 「フルタイム勤務者」54%が最多、ついで「全日制学生」が29%となった。受験目的は「就職活動のため」31%が最多、ついで「英語学習のため」26%、「卒業に必要なため」22%が続いた。


詳細は下記リンクより。


閲覧数:24回

コメント


​教育情報ニュース

bottom of page